Prologue

家族を養うために、夫婦で始めた鋼材販売。

創業者の伊藤彰浩が世話になっていた鋼材販売の会社を飛び出したのは1970(昭和45)年、27歳と9ヶ月の時でした。当時はまだ子どもも生まれたばかり。それまでその会社でしか働いたことがなかった彰浩には、他の仕事に就くという選択肢はありませんでした。
名古屋市港区に、1階が倉庫で2階を事務所と住居にした10坪の建屋を3万円で借りて開業。「家族を養うために」と脇目も振らずに働いたといいます。
自分が外に出ているときには妻とその母に電話番を頼み、幼い子どもをあやしながら注文を受けていました。仕事が終わるのは、いつも深夜。近所の銭湯の閉店間際に飛び込むのが日課でした。

鋼材についての知識はありましたが、経営についてはまったくの素人。
決して、最初から順風満帆だったわけではありません。
しかし、何事にも前向きな彰浩が希望を捨てることはなく、「立ち上げたばかりの小さな会社が、同業者と同じ商売をしていても勝ち目はない」と、他社が嫌がるような小ロットや希少な鋼材を積極的に扱うことで、取引先との信頼関係をコツコツと積み上げていきました。

他社が嫌がることに積極的に取り組むことで成長。

その甲斐もあってその後は少しずつ業績を伸ばし、1988(昭和63)年には法人化、1990(平成2)年には近隣の10ヶ所に倉庫や工場を構えるまで成長しました。
しかし、いいことばかりは続きません。国内のあらゆる業界が不況に陥ったバブル経済が崩壊したのが1991(平成3)年、伊藤彰産業もその煽りを受けます。
しかし、それで落ち込むような彰浩でもありませんでした。「もともとゼロから始めた会社だから」。取引の規模が減った分は、過度な在庫を持たないようにすることで倒産の危機を回避。その時の集中と選択が、現在の体制へとつながっています。

また後に経営を引き継ぐことになる奥田みずえが入社したのも、この時期でした。

Time for changes

従業員からの声で、家業から企業へ。

21世紀に入り、世の中の様子も急速に変化していきます。生活の多様化による価値観の変化。昔ながらの職人気質が通じないことも増えてきました。
「これからの会社の存続と従業員の幸せのためには、新しい感覚が必要だ」。
彰浩は会社の経営を、それまで営業と経理を経験してきたみずえに譲ることにしました。

営業として取引先からの感謝の言葉を直接耳にしていた経験から、この仕事のやりがいと社会的な意義を実感していたみずえ。そこで新しい経営者となった彼女が最初に取り組んだのが、「従業員がもっと自分たちの仕事に誇りを持つために、自発的に行動するための雰囲気づくり」でした。

例えば従業員が積極的に発言できる機会をつくったところ、最初は戸惑っていた彼らでしたが、少しずつ自分たちの想いを言葉にするようになります。そこから新しい機械の導入やユニフォームの新調が決まりました。
これまでの家業から企業へと、会社が変わった瞬間です。

For the future.

今日もどこかで誰かの役に立っている。

伊藤彰産業の使命は、鋼材を通じた社会貢献。自らの手によって世の中へと送り出された鋼材が、自動車や産業機械、建築物といった、あらゆる産業を支えていることに誇りを持てる仕事です。
また企業としては、「全社員の心身の健康のために、何を取り入れ、何を実践するべきかを、常に考えている会社であり続けていきたい」と考えています。さらに、もっと目に見えるかたちでも世の中に貢献したいという想いから、東山動物園への寄付や次世代のモノづくりを担う工業高校や大学へのサポート活動など、会社の利益の一部をつかった社会貢献活動にも積極的に参加するようになりました。

経営が変われば、現場も変わります。これからの時代に求められるのは、一人ひとりが誇りと目的意識をもって仕事と向き合い、そして成長し続けていくこと。その一環として、「仕事の魅せる化」にも取り組んでいます。
小さな付加価値の積み重ねにより一人ひとりのファンを増やすことが、会社のファンを増やすことにつながります。
伊藤彰産業は、さらなる飛躍に向け、新たなる一歩を踏み出したばかりです。

4 Promises.

創業以来変わらない、伊藤彰産業の4つの誓い。

1.他社を圧倒する豊富な商品ラインナップ

特殊鋼や磨き・調質鋼・鋳物・低熱膨張合金(インバー)・一般鋼材・ステンレス・スウェーデン鋼・非鉄金属といった、幅広い種類の鋼材を取り揃えています。

2.注文は1個からOK。小口~大口まで対応

商品のご注文は1個からお受けします。常に豊富な在庫を取り揃えており、小ロットのご注文や短納期のご相談にも迅速に対応。電話やFAXの他、インターネットからでもお問い合わせ・ご注文を受け付けています。

3.全国のお客様のお困りごとに向き合う

創業以来、製造業の盛んな愛知県名古屋市で鋼材卸販売業を営んでいます。お客様からのご要望にお応えしつつ、「どこよりも早く、確実に」をモットーにすることで、幅広い業界のお客様との信頼関係を築いてきました。

4.穴あけ、曲げなどの加工にも対応

自社内および協力会社にて、鋼材の切断・加工も請け負っています。加工された形状で鋼材を納品することで、お客様の工数と手間を短縮。他社では難しい加工についても、まずはお気軽にご相談ください。